アドセンス審査を通過する3つのポイント 実際に通ったサイトをご紹介!

アドセンス 審査

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

ブログ記事がある程度書けたら、
クリック型広告を貼って収益化していくのもいいでしょう。

クリック型広告はクリックされるだけで収入になるので、
初心者向きだと思います(*^^)b

詳しくはこちらをご覧ください♪
↓↓↓
クリック型広告「Google AdSense」での稼ぎ方

広告を貼る前に。。

ストップ

恐らく僕のブログを見てくれている方は
少なからずお金を稼ごうと思ってブログを始めた方が多いと思うので、
早くキャッシュポイントを作りたい気持ちはわかります。

ただ、少し待ってください。

大事なのは早く広告を貼ることではなく、
読者さんに有益なコンテンツをしっかり作り込むことです。

貼ればわかると思いますが、
始めのアクセスないうちは
どうせ大した収入にならないので(´▽`;)

それよりかは、今後アクセスを集めたり
ファンを作ったりする上で役に立つ
記事を書くことに時間を使ったほうが
結果的に大きく稼げるようになります(*^^)b

また、僕は「Google AdSense(グーグルアドセンス)」という
クリック型広告をオススメしているんですが、
これを使うためにはブログの審査に合格する必要があり、
これが少し厳しいんですよね(^_^;)

なので、何も考えずに申請してしまうと審査に落ちる危険性があり、
1度落ちたら再審査が厳しくなってめんどくさいので、
1発で合格するための記事の書き方を説明しておきます(`・ω・)9

合格のためにやった3つのこと

アドセンス 合格

広告・リンクを貼らない

アドセンス側からすると、他の広告が貼ってあると
アドセンスでの収益が分散されるので嫌います。

なので、他のクリック型広告やアフィリエイト広告などは、
1つも貼っていない状態で、申請しましょう。

もっと言うと、外部リンクもないほうが理想です。

他のサイトに飛ばれると、
結局アドセンスの収入にはならないので(^_^;)

アダルトや違法的な記事を書かない

そもそもアドセンスの規約で、
アダルトコンテンツや違法性のあるものに関しての記事は
禁止されています。
↓↓↓
禁止コンテンツ

こういった内容のサイトであれば1発で不合格となるので、
しっかりと利用規約に目を通し、ひっかかりそうなことは
書かないように注意です。

何記事か書いておく

ブログを作ってすぐ、
「さっそくアドセンスを貼るぞ!」と意気込んで
1記事も書いてない状態で申請すると、
通らないことが多いです。

というのも、アドセンスとしてはしっかりブログを運営して
収益を出し続けてほしいので、1記事や2記事しか更新されていないブログだと、
「あれ?こいつ続ける気あるのかな?」となるわけです(^_^;)

一般的な目安としては、
「1記事500文字以上で10記事以上は書いたほうがいい」
と言われています。
1日で10記事更新はNG

もちろんもっと記事数が多いに越したことはありません。

どうせ初期段階では広告を貼ったところで収益にはならないので、
しっかりコンテンツが定まってから、確実にアドセンスに申請するほうが
堅実だと思いますね(*^^)b

審査に通ったブログを公開!

イチカツ!おまけ

ちょっと恥ずかしいのですが、
僕が実際にアドセンスの審査に通ったサイトをご紹介します。

イチカツ!おまけ

かなり中身のない内容ですが、
アドセンス申請用だけに作りました(; ̄▽ ̄)b笑

外部リンク無しで記事数が大事だということで、
うろ覚えな昔話をひたすら書いて、
適当に文字数を稼ぎました(^_^;)笑

数年前のものなので、今ではもうちょっと厳しくなっているかもしれませんが、
こんなサイトでも通るということで、少し気持ち的に楽に考えてもらえたら
幸いです(*^^*)

※追記

当時は無料ブログで申請出来たんですが、
現在は無料ドメインでは審査に通らないようです。

なので、アドセンスに登録しようと思うと、
独自ドメインが必要になってきます。

お名前.comで独自ドメインを取得する方法・費用など

良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ