Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法

IPアドレス 除外

どーも、岡田です( ̄▽ ̄)ノ

ブログのPVを増やすために、
どういったキーワードで検索されているのか、
どんなサイトからアクセスが来ているのか、
どのようなページが見られやすいのかなど、
アクセスを分析していく必要があります。

無料で使えて優良なアクセス解析ツールとして
僕は「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」
を使っているんですが、
これ自分のアクセスもカウントされちゃうんですよね(^_^;)

つまり、記事を編集したり、見直したりするときに
自分で見たページも1PVになるわけです。

それが気にならないほどアクセスの多いブログだったり、
そもそもあんまり自分のブログを見ない人なら
大きな影響はないと思いますが、

アクセスが少なかったり、
毎日記事を更新するようなブログだと、
正確なアクセス解析が出来ません

間違ったデータを見ていては
検討違いなSEO対策をしてしまう可能性もあるので、
今回は、アナリティクスで
自分のアクセスをカウントしないようにする方法をご紹介します(^^)

アナリティクスをまだ導入していない方は
こちらをご覧ください(^^)

グーグルアナリティクスに登録してアクセスを解析する

内部トラフィックをフィルタ

恐らく、自分のアクセスもカウントしている状態だと
アナリティクス管理画面の右上の通知に
「内部トラフィックをフィルタしてください」
って出ると思います。

これが出ていたらあなたのアクセスも含まれているので、
実際のPV数よりも多くアクセスが来ていると勘違いしてしまいます(ノ△<;)

アナリティクス フィルタ

内部トラフィックをフィルタするには、
まずアナリティクスの管理画面にログインして、
左上メニューの「管理」をクリック。

プロパティで該当するブログを選択し、
(複数ブログを運営してる場合)
ビューで「フィルタ」をクリックします。

アナリティクス フィルタを追加

「フィルタを追加」をクリック。

ビューにフィルタを追加

フィルタ名

何でもOKです。
わかりやすい名前をつけるといいと思います(^^)

フィルタの種類

「定義済み」を選択。

フィルタの種類を選択

「除外」を選択。

参照元からリンク先を選択します

「IPアドレスからのトラフィック」を選択し、あなたのIPアドレスを入力します。
IPアドレスはこちらのサイトで調べることが出来ます(*^^)b

式を選択します

「等しい」を選択。

最後に「保存」をクリックすれば完了です(^^)

これであなたのアクセスは
アナリティクスにカウントされなくなったので、
より正確な数値が取れるようになります(*^^)b

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ