BackWPupで大切なWordPress記事のバックアップを取る

BackWPup
どーも、岡田です( ̄▽ ̄)ノ

始めは(ほぼ)無料で始められるブログですが、
しっかりコンテンツを作り、マネタイズを行っていくと、
それは何千万という価値を持つこともあります。

これってすごいことだと思うんですよね(^^)

そんな大きな価値を秘めるブログですが、
まぁ言ってしまえばサーバー上の「データ」でしかないので、
間違えて削除してしまうこともなくはないです。

完全に消えることはなかなかないにしても、
データをイジっていたら、表示がおかしくなってしまったり、
画面が真っ白になってしまった、なんてことはめずらしくありません

幸い、僕はまだそういった状況に陥ったことはないですが、
想像しただけで震えが止まりませんね。。(((´Д`||)))

取り返しのつかないことになってからでは遅いので、
万が一に備えて、大事なブログのデータのバックアップを取って、
しっかり保存しておくことが重要です。

今回は、WordPressのプラグインで、
自動でバックアップを取ってくれるものがあるので、
その設定方法などをご紹介します(^^)

BackWPupの設定方法

僕が使っているのは、
『BackWPup』というプラグイン。

ネット上でも評価が高く、
バックアップと言ったらこれ
といった感じです(*^^)b

まずこれをインストールして有効化します。

プラグインのインストール手順はこちらを参考にしてください(^^)
プラグインとは?WordPressにインストールする方法・手順

するとメニューに「BackWPup」という項目が出てくるので、
そこの「新規ジョブを追加」をクリックします。

BackWPup 一般

するとこのような画面が出てくるので、
1つずつ設定していきます。

▼このジョブの名前
ここでは、「ジョブ」=「バックアップ」という認識でOKです。
デフォルトでは「新規ジョブ」となっていますが、
わかりやすい名前に変更してもらえればと思います(*^^)b

▼このジョブは…
どのバックアップを取るかの設定です。
デフォルトでは3つにチェックが入っていますが、
後の設定と重複するので、ファイルのバックアップだけでOKです☆

BackWPup フォルダにバックアップ
▼アーカイブ形式
どのように保存するかです。
Windowsの方は「Zip」、
Macの方は「Tar GZip」と選ぶと良いそうです。

▼バックアップファイルの保存方法
その名の通りです( ̄▽ ̄)b
フォルダにバックアップのみでOKです。

BackWPup ログファイル

▼ログの送信先メールアドレス
バックアップの完了通知やエラーが出た場合など、
このメールに送信されます。
僕の場合は読者さんのメールとごっちゃになるのが嫌だったので、
別のアドレスに送信するように設定しました。

あとはデフォルトでOKです(*^^)b

最後に「変更を保存」をクリックするのをお忘れなく☆

BackWPup スケジュール
続いて上メニューの
「スケジュール」というところを設定していきます。

▼ジョブの開始方法
デフォルトでは「手動」になっているので、
「WordPressのcron」にチェックを入れることで、
自動でバックアップを取ってくれます(*^^)b

BackWPup スケジューラ
▼スケジューラ
どれぐらいの頻度でバックアップを取るか設定できます。
サイトの更新状況にもよりますが、
だいたい1週間に1回ってパターンが多いかと。
少し重くなる可能性があるので、
時間は1番アクセスの少ないときがいいです☆

上メニューの「ファイル」「宛先:フォルダ」は
すべてデフォルトのままでOKです。

それらを保存すると、
設定は完了です\(^o^)/

BackWPup 今すぐ実行
するとこのような画面が出てくるので、
「今すぐ実行」をクリックして、
ちゃんと作動するか試してみましょう♪

BackWPup ジョブ完了
エラーが出ずにジョブが完了すればOKです(*^^)b

もし何らかの理由でエラーが出たら、
先ほど設定した連絡先に知らせてくれるので、
すぐに対応できます。

解説・補足動画


動画も撮ったので、
文字だけだとわかりにくい場合は参考にしてください(*^^*)

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ