会社への不満を解消するには?100人のアンケート結果から見るたった1つの方法

会社 不満 ランキング

どーも、岡田です!

ご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、あなたは会社に不満はありますか?

「不満なんて無いよ」という人のほうが少ないかもしれませんね。

僕はブラック企業時代、会社に対して不満しかありませんでした。

でも、「それって自分が甘いだけなんじゃ?」と思うこともしばしば。

そこで、世のサラリーマンたちが抱えている会社への不満について100人の方にアンケートを取ってまとめてみました。
(お答えいただいた方ありがとうございます!)

また、その不満を解決する方法も合わせてご紹介していますので、是非参考にしてください。

6位:仕事のやりがいが無い

仕事 やりがいない

サラリーマン
役職を一つ上に志望していても、経験年数5年以上でも、年齢が達していないとできず、やりがいを感じられない。

サラリーマン
会社のお金の掛け方や努力の方向性が下手で、無駄なことばかりしているように思えて全く共感出来ない。

頑張ろうと思える原動力や将来性が今の会社では見出せないと感じる。

サラリーマン
毎日暇でインターネットばっかり見ていてつまらない。

サラリーマン
仕事に対して自分なりに向上心や目標を持とうと思い行動しているつもりなのですが、いまいち上司には伝わらず評価もしてくれません。

そのせいでどんどん向上心が欠けていってますので、仕事をこのまま続けていける自信がありません。

なのに目標や向上心を持って取り組めと言われます。結果や成果を教えてもらえないのに何を目標に、何を手本に取り組めと言うのか。

会社を大きくしたいと言うわりには、社員のケアをしないので退職者ばかりです。

主に、「評価されない」というのがやりがいの無さに繋がっているようですね。

いくら頑張っても変わらないなら、やる気も出ませんよね…。

5位:スキルアップに繋がらない

仕事 スキルアップできない

サラリーマン
このまま歳をとるのが不安。

スキルが身につく仕事をさせて欲しい。

サラリーマン
代わりがいくらでもきく仕事でもあるから将来性がない。

このままじゃダメだと思い何か自分自身のために勉強しようと思ったが、今の仕事がしんどすぎて家に帰っても気力が持たない。

正直限界。
やめたい。

サラリーマン
自社独自で扱ってるシステムになるので、1度おぼえてしまえばだいたいの仕事はできるが、それ以上ベースアップの道はなく、スキルアップも望めない。

サラリーマン
直属の上司が仕事を教えようとしないため、私は本職の仕事ができません。

しかたなく、違う部署の先輩の元で仕事させてもらっているので本職はスキルアップもなにもです。

サラリーマン
年功序列などで評価されるわけではないが上司と仲のよい人間が上にあがる。

サラリーマン
学びたいとおもっていても独立されるのが怖いからという理由で重要なことはなにも教えてくれない。

サラリーマン
いつも同じ仕事のルーティーンで専門性がないため、転職する際に難しい。

サラリーマン
大手企業で勤めているが、規模が大きい故に各部署・各個人の役割分担がかなり細かくなっている。

その為ジェネラリストとして様々な経験をしてスキルアップしたいと考えた時に、狭く深くの役割しか与えられていない事が障害となる。

将来が不安だからスキルアップを目指したいという思いとは裏腹に、仕事が忙しくてそんな暇はないようですね。

また、会社や上司がスキルを教える気がなく、ルーチーンワークの繰り返しになっているパターンも多いようです。

4位:将来性が無い

仕事 将来性がない

サラリーマン
業績が下がり続けていて、入社以来、一度も黒字になったことがない。

サラリーマン
業界自体の景気が悪すぎる。

サラリーマン
仲良し人事の為、どんなに仕事ができても上司に気に入られないと出世できない。

サラリーマン
会社自体が傾き気味のように感じる。

あまり長くいる会社ではない雰囲気。

サラリーマン
入社時には取り引き先や、社長の元同僚などに見限られて、会社自体の立場が異様に低く、借金まみれで潰れかけている。

会社の業績が悪く、いつ潰れてもおかしくない。

そうなるととても長く勤めようとは思えませんよね。

また、出世の見込みが無ければ、仮に倒産しなくても先は暗いですからね…。

3位:上司・同僚と馬が合わない

上司と馬が合わない

サラリーマン
仕事はとても楽しいのですが、上司と合わなくて日々ストレスを感じています。

サラリーマン
社長を含め上司達が、あまりコミュニケーションを取りたがらず、自分の仕事の結果は聞かないと教えてくれません。

サラリーマン
上司の言うことがコロコロ変わり、せっかくやった作業が無駄になることがよくあり、結果として残業になってしまう。

サラリーマン
変わった人が多くてちょっとノリがウザいのでイライラする。

サラリーマン
上司が気の強い年配の方しかいない。

常に否定から入るため心が折れてしまう。

それを吐き出す同僚もいない。

サラリーマン
上司がモラハラ気質なので、ストレスも半端なくたまります。

サラリーマン
現在営業職についていますが、店長の理不尽さに苛立ちを感じています。

自分で仕事をする事もなく発案する事もなく、部下に全てをなげてばかりです。

アイデアが欲しいと言われて発案を行なっても、途中で話を遮り問答無用の却下。

そして自分の仕事のミスも部下になすりつける始末です。

反面教師としては学ぶ事は多いですが、何故この人が店長なのかが疑問で仕方がありません。

サラリーマン
上司とあいません。

隣の席の人たちと喋ることもないし、仕事のことも喋りづらいので、仕事がしづらいです。

サラリーマン
部長に年上の言う事が絶対正しいから黙って従えとこちらの意見を押しつぶし理不尽を強いられる。
サラリーマン
常識がないのに自分の考えを押し付けてくるため、タチが悪い。

自分の言ってることが正しいと思い込んでいる。

サラリーマン
上司のマネジメント能力がなさすぎる。

部下の仕事が定時内に終わらないと、なんでできないんだの一点張り。

そのくせ、自分は手伝おうともせず、改善策を考えるでもなく一人で先に帰る。

サラリーマン
同じ業務内容、案件でも上司の機嫌次第で指示や指摘がコロコロ変わり困っている。

サラリーマン
現場の意見を組みながらやっていると言いながら、自分たちの保身に走るところを見せられて萎える。

サラリーマン
毎日誰かしらが社内の誰かの悪口を言っているのを聞くのはもううんざりです。

上司に対する不満が多いようですね。

向こうのほうが立場が上なので、理不尽な対応をされてもこちらは言い返せないというジレンマも…。

仕事自体が楽しかったとしても、こういった上司がいると会社に行きたくなくなりますよね。

2位:休みが少ない

休みが少ない

サラリーマン
土日休みなのに、どちらか必ず出勤しなければならなくて遠出できない。

サラリーマン
残業代も出ないのに残業が多く、また当直の仕事もあるため体の疲れが取れない。

サラリーマン
有給休暇も名ばかりでほとんど取れないし、人員もギリギリなので休みづらい。

残業が認められなく実質サービス残業をしている。

サラリーマン
寝る時間がない。
夜来て夕方帰るスタンス。

サラリーマン
週1日しか休みがないし、一日の労働時間が10時間を超えることもザラにある。

サラリーマン
一年間で片手で数えるくらいしか休みが無い。

サラリーマン
そもそも人が少ないのに新規開発をするので仕事だけが増えていき、やりがいだけでは頑張れなくなってきている。

サラリーマン
兼務のせいで労働時間が長くなり、生活の時間や趣味の時間が減った。

サラリーマン
面接時では休日はきちんと週休二日制であると説明されたが、実際には週1回取れたらいい方で連日出勤が多い。

労働時間が長く、残業代も出ないという企業が多いようです。

実際僕が勤めていた会社もそうでした。
(これ、普通に犯罪なんですけどね…。)

休みが少ないことで疲れも取れず、趣味の時間も減ってしまったという声に悲しくなりました…。

番外編:こんな不満も

不満 その他

サラリーマン
無駄に社員数だけ増えても、使える人がいない。

サラリーマン
仕事の締め切りが短すぎて追いつかない。

サラリーマン
社長がワンマンで、社内の風通しがよくない。

サラリーマン
スポーツ大会や誕生日会などに強制的に参加させられる。

サラリーマン
規模が小さいので知人に会社名を言いづらい。

それぞれ1票ずつの少数意見でしたが、このような不満もありました。

基本的には”人”や”時間”に関係することが多いですね。

1位:給料が少ない

給料が少ない

サラリーマン
仕事量だけあり、給料もなかなか上がらず生活するのにやっとです。

入社して4年目なので、普通の企業であれば少し給料が上がったり手当てがついてもいいのかもしれませんが、全く皆無です。

サラリーマン
給料が少なくその割に労働時間が長く仕事量に給料が比例していないことが不満です。

サラリーマン
全然昇給しない。
実家から出れない。

サラリーマン
ネットで自分の年齢の平均収入を検索するとあまりにも違うのでびっくりする。

今の給料では一人暮らしは絶対にできない。

サラリーマン
貯金ができない。
生活がギリギリの給料。

サラリーマン
車や保険・生活費だけで遊ぶお金が無い。

サラリーマン
労働はキツイのに、対価である給料が安い。

ひどい時にはキャッシングに頼らなければならないが返す事も難しい。

サラリーマン
給料アップがもう3年ないです。

仕事量は増えてるはずですが、利益出てないとか言って、社員に還元されません。

しかし社長家族はゴルフ、旅行などに出かけることが多いのでやりきれない気持ちです。

サラリーマン
一人暮らしだと貯金が全くできず何のために働いているのかがわからない。

サラリーマン
夫婦共働きですが、マンションを購入したこともありカツカツな上、残業が多い割に給料は少ない。

サラリーマン
“給料が少なくて貯金が出来ない。

ボーナスもその時によって額が変わるので、ボーナス払いも出来ない。

欲しいものも買えない。

サラリーマン
結婚したい相手が居るのに生活出来ない。

サラリーマン
生活していくのにギリギリで結婚や出産などが考えにくいです。

そして、たくさんの給料をもらっている管理職はあまり働かない割に、最近の若い者はダメだとグチや文句ばかりです。

サラリーマン
やりがいはとてもあるが、それに対して入ってくる給料、ボーナスが見合わない。

また入ってくる金額が少ない為、貯金もあまりできず、将来に不安を感じる。

堂々の第1位はやはりお金の問題。

「生活していくのがやっと」という人も多く、それでは何のために働いているのかわからなくなりますよね。

また、「労働に対して給料が見合っていない」という意見も多かったです。

給料は少ないのに、拘束時間は長いとなると、本当にやってられないですよね…。

実は僕もあなたと同じ不満を抱えていました

会社 不満

会社の不満のアンケート結果を改めてまとめておくと、

1位:給料が少ない
2位:休みが少ない・労働時間が長い
3位:上司・同僚と馬が合わない
4位:将来性が無い
5位:スキルアップに繋がらない
6位:仕事のやりがいが無い

という感じ。

実はこれ、僕も全く同じ不満を抱えていました。

ですが、とある副業を始めてから、全ての不満は解消されたんですよね。

その副業というのが「ブログアフィリエイト」です。

ブログアフィリエイトとは、ブログを書いてそこにアクセスを集めたり、商品を紹介したりして広告収入を得るビジネス。

その他のビジネスと比べ、資金ゼロで始められるので(サーバー代・ドメイン代を含めても月1,000円ほど)、リスクはありません。

それでいて誰でも稼ぐことが出来、パソコン1台あればいつでもどこでも作業が出来るので、忙しいサラリーマンには最適な副業となっています。

僕自身もこのブログアフィリエイトでサラリーマンをしながら毎月30万円以上稼ぐことが出来ていますし、知り合いには「主婦で月収80万円」なんて方もいます。

僕が副業で稼いでいる具体的な方法は無料メルマガのほうで配信しているので、興味があれば是非ご覧ください。

今なら期間限定で毎月20万稼ぐ資産ブログ構築マニュアルをプレゼント中です。

↓↓↓

副業で毎月20万以上稼ぐ具体的な方法とは?

アフィリエイトで解消する6つの不満

不満解消

僕は「アフィリエイトを始めてから会社への不満が解消された」と言いましたが、具体的にどのように、なぜ不満がなくなったのか、1つ1つお話していきますね。

アフィリエイトはやりがいがある

アンケートで「仕事にやりがいが無い」と答えた方の主な原因は「頑張りが認められないから」。

仕事をする理由として、大きな比重を占めているのが「お金を稼ぐため」ですよね。

働いた対価としての給料が見合わないものであれば、当然やりがいも無いでしょう。

しかし、ブログアフィリエイトはやればやるほどそれが「報酬」という形でわかりやすく返ってきます。

自分で頑張った結果が目に見える形で表れるので、とてもやりがいがあります。

それに、ブログで有益な情報を書いていると、読者さんからコメントやメールで感謝の言葉をいただくことも!

「アフィリエイト」というともしかしたら「情弱からお金をむしり取るもの」というイメージがある方もいるかもしれませんが、そうじゃない真っ当なやり方もあり、誰かの役に立つビジネスモデルです。

アフィリエイトで得られる5つのスキル

アフィリエイトで長く大きな成果を出そうと思うと、

・最適な市場を見極めるリサーチ力
・ブログにアクセスを集める集客力
・記事を読んでもらうための文章力
・よりわかりやすく伝えるためのコンテンツ作成力
・商品をオファーするためのセールス力

など、多くのスキルが必要になってきます。

もちろん、一朝一夕で身に着けられるほど甘いものではありませんが、逆に言うとこの5つを極めてしまえば、アフィリエイトがこの世からなくなったとしても、食いぶちに困ることは一生無いでしょう。

これらの力はどの企業も欲しいスキルですし、これがあれば個人でも収入を生み出せるので。

アフィリエイトは長く稼げる市場

アフィリエイトに限らず、インターネットを使った産業が伸び続けているのは周知の事実。

すでに大手企業も参入しつつあり、今後ますます大きな市場となっていくのは間違いありません。

また、前述したようにアフィリエイトで稼ぐスキルは他のビジネスにも応用できるので、将来食べていけなくなることはまず無いでしょう。

アフィリエイトは仕事をする人を選べる

パソコンとネット環境さえあればどこでも出来るのがアフィリエイトのメリットの1つ。

満員電車のストレスや、馬の合わない上司と仕事をする煩わしさもありません。

もちろん、誰かと協力してやっていったほうが成果が出るのも早いし、より大きなことが出来ます。

そういった場合も、気が合う人とだけビジネスをやっていけばいいのです。

アフィリエイトはいつでも休みが取れる

いつブログを書いても、いつ書かなくても個人の自由。

なので、休みたい時に休めるし、働きたい時に働けます。

それに、ブログって1回記事を書いたら永久にWEB上に残り続けるので、定期的にアクセスを集め続けられる記事が書ければ、何もしなくても収入が発生するという状態を作り出すことも可能に。

僕も今この記事を書いている最中にも、過去に書いた記事が収入を生み続けてくれています。

アフィリエイトは本業以上に稼ぐことも可能

会社の不満第1位である「給料の少なさ」。

「人生お金じゃない」っていうのはお金がある人が言うことで、我々が生活するのにお金は必須になってきます。

お金が無いと夢や趣味を諦めたり、家族のやりたいことをさせてあげられなかったり、人生の選択肢は間違いなく狭まります。

ですが、副業でアフィリエイトをやれば、本業にプラスして収入を得ることが出来るので、金銭的にかなり余裕が生まれます。

毎月1万でも2万でも、収入が増えればすごく助かりますよね。

僕も副業で稼げるようになってから、かなり裕福な暮らしが出来るようになりました。

会社の給料以上に稼ぐことも現実的なので、どうしても会社が嫌なら独立するという選択肢も生まれます。

会社に不満があるのは仕方ないですが、残念ながら何もせずに待っていてもその不満は解消されません。

それどころか、さらにひどくなる場合もあるでしょう。

かつての僕も同じように会社に不満だらけでしたが、偶然アフィリエイトというそれを解決する手段に出会えました。

正直、仕事もしながらブログを書くのは大変です。

でも、そこを頑張って得られる未来はとても明るい。

もしブログをやっていなかったら、僕は今でもブラック企業で不満を抱えながら社畜を続けていたことでしょう。

だから僕はアフィリエイトを始めて本当に良かったと思っているし、選択肢の1つとしてそういう方法もあるということを発信しています。

詳しい稼ぎ方は無料メルマガで配信しているので、少しでも興味があれば是非ご覧ください。

つまらなかったらいつでも1クリックで解除できますので!

↓↓↓

副業で毎月20万以上稼ぐ資産ブログの作り方はこちらから

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ