満員電車、きつくないですか?

満員電車 きつい

どーも、岡田です!

ご覧いただきありがとうございます。

先日メンターの起業家さんとアフィリエイター仲間の主婦の方と「ジムで筋トレしようぜ!」ってなって池袋に行って来ました。

まぁ、まさかのジム休業日だったんですけどね…笑

日頃ブログアフィリエイトでリサーチは大事だと言っているのに情けないです^^;

仕方ないのでラウワンで卓球してその後コワーキングスペースで作業して帰りました。

久しぶりに運動しましたが、体動かすのってめっちゃ楽しいですね!

家で仕事出来るからどうしても意識しないと外出頻度が少なくなってしまうんですが、今後はもっと積極的にいろんなとこ行きたいと思ってます。

ブログやってると日頃の経験をビジネスに活かせたりもするので、究極「生きていることが仕事」みたいになってきます。

昨日も池袋の街頭広告を見て収益化出来そうなものをいくつか見つけました。

さっそく記事書こう~。

出勤時間とか決める必要なくない?

出勤

で、帰りの電車がちょうど帰宅ラッシュと被ってしまい、久しぶりにぎゅうぎゅうの満員電車に乗りました。

電車内は暑かったので前のおっさんめっちゃ汗かいてるし、でもぎゅうぎゅうだから逃げられないし…

キツかったですね~笑。

これを毎日やってるサラリーマンの方はマジで大変だなと改めて思いました。

あれかなりのストレスですよね。

そもそも会社が時間決めてるのって、そっちのほうが管理しやすいだけで、別に平日の昼間じゃないと出来ない仕事ってそんな多くないですよね。

休みも土日の人が多いから、週末どこ行ってもめっちゃ混むし。

企業ごとに休みとか仕事時間とかを分散させれば満員電車も解消されるだろうし、毎日まんべんなく人が動くからストレスも減るし、経済も回ると思うんだけどなぁ…。

岡田翔大
混雑するの嫌なので僕は旅行とか基本平日に行きますね。

好きな時に働くのが1番

働き方

まぁそんなこと言ってもサラリーマンである以上会社の規則に従うしかないので、やはり自分で稼ぐのが1番だなと。

個人で稼げば休みが自由に取れるってのもそうですが、個人的には「働き方を選べる」っていうのもかなりメリットだと思ってます。

朝が弱い人は昼まで寝て夜に仕事してもいいし、寒い日は暖房がきいた家の中で仕事してもいいし、疲れている時は休み、集中している時は定時なんて関係なく仕事に没頭してもいい。

そっちのほうが絶対良い仕事出来ますよね。

ある程度拘束されないと仕事出来ないって人もいるかもしれませんが、僕は時間ややることを指定されるほうがストレスですね。

だったら自己管理で好きにやったほうがずっと楽です。

僕と同じ考えの方は絶対自分でビジネスをやることをお勧めします。

特におすすめなのがブログですね。

サラリーマンをやりながらでも、自分で収入を生み出すことが出来れば、収入面や精神面でかなり余裕が生まれますよ。

僕も最近ブログでの収入が伸びてきて、本業よりも副業が楽しくてめっちゃ作業してます。

今の会社には満足しているので、本業が疎かにならないよう注意しないと…笑。

ブラック企業で働いていた頃は言われたことをやるだけで奴隷感が強かったので、自分で考えて仕事が出来るのはすごくやりがいあります。

働きながら副業もこなすのは大変だと思いますが、その分成果が出れば余裕が生まれますし、稼いだら会社を辞めることも出来るので、理想の未来のために是非いま頑張ってほしいと思います。

ブログで稼ぐ具体的な方法は無料メルマガにて配信中!

今なら期間限定で副業で毎月20万以上稼ぐ”資産”ブログ構築マニュアルをプレゼント中です。

↓↓↓

ブログでの具体的な稼ぎ方はこちら

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

2件のコメント

  1. tonton より:

    こんばんは。
    言われたことをやるだけで良いなんて楽、て考えるタイプと
    やる事を支持されるのが苦手てタイプの2つのタイプがありますね。
    でも前者は、毎月決まった額しかもらえ無い会社員、後者はやればやっただけ収入が増える個人事業主。
    どちらを選択するかは人それぞれですよね。。。

    • 岡田翔大 より:

      >>tontonさん

      本当に仰る通りですね!

      「言われたことをやっていれば決まった給料をもらえるサラリーマンのほうが楽」という方もけっこういると思います。

      僕としては人それぞれなのでどっちを選んでもいいと思ってます。

      ただ、多くの人はサラリーマン以外の選択肢を知らず、それはフェアじゃないので、個人で稼ぐ方法をもっと広めていきたいですね!

tonton にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ