サラリーマンで将来が不安なら今すぐやるべきたった1つのこと

サラリーマン 将来 不安

どーも、岡田です!

ご覧いただきありがとうございます。

毎日忙しく働くサラリーマン。

多忙で普段は意識していませんが、ふと立ち止まって考えてみると、将来が不安になることってないですか?

僕はブラック企業で働いていた社畜時代、毎日のように不安な気持ちでいっぱいでした。

そんな僕ですが、とあるキッカケで今では将来の不安はなくなり、むしろ希望で満ち溢れています。

今回は、僕がどのように将来の不安を払拭したかをまとめてみたいと思います。

当時の僕と同じように、将来に不安を抱えるサラリーマンの方の参考になれば幸いです。

サラリーマンが不安な3つの理由

サラリーマン 不安 理由

まず、なぜサラリーマンが不安なのか、その原因を知る必要があります。

原因がわからないと解決しようがないですからね。

人によって不安な理由は違うかもしれませんが、僕の場合は以下の3つでした。

昇給が望めない

上司の給料を見ていてあまり上がっていないようであれば、今後自分の給料が増える可能性も低いです。

独り身のうちはそれでも問題ないかもしれませんが、結婚して子供ができて…ということを考えると、切り詰めないと生活していくのは厳しいですよね。

そういったことを考えると、僕は不安になりました。

また、今後成長が望めないような中小企業だったり、業界自体が縮小している場合、定年まで会社が倒産しないという保証はありません。

会社が倒産してしまえば当然仕事がなくなり、収入もなくなってしまうので不安ですよね。

倒産しないまでも、業績が悪化して社員を減らしたり、減給されてしまう可能性は十分にあります。

休みが取れない

僕が勤めていた会社は日曜と隔週の土曜日が休みだったんですが、実際は休日に出勤することも多く、休みの日も電話対応をしなければいけませんでした。

上司を見ても僕たちよりも休みなく働いており、仮に昇進しても休みは増えないのだと絶望しました。

部長はしばらく娘と会っていないという話を聞いた時はショックでしたね。

時間が取れないと家族ができても一緒に過ごす時間が取れないですし、忙しく働く上司の姿は未来の自分の姿でもあるので。

定年まで勤めあげれば生活は出来ると思いますが、60歳まで働くために生きているような人生。

想像しただけでゾッとしました。

やりがいがない

「仕事に生きている」という人をたまに見かけますが、それは仕事にやりがいがあってこそ。

それはそれで素晴らしいことだと思いますが、僕の場合は就活に苦労してなんとか内定をもらえた企業を選んでしまっただけだったので、本当にやりたい仕事ではありませんでした。

社会に出ると当然ツライこともいっぱいあるし、理不尽な対応も受けます。

そんな中でこの仕事をずっと続けていく熱意が持てるのか。

そう考えると不安になりました。

給料だけに依存するのは危険

給料 依存 危険

そんな不安を抱えながら仕事をしていた僕ですが、会社の給料だけしか収入が無いのは危険だとずっと思っていました。

というのも、僕の叔父は50歳でリストラに遭い、その後酒に溺れ、病気になってしまったからです。

離れて暮らす叔父ですが、正月には帰ってきて、僕に必ずプレゼントを買ってきてくれました。

子供の僕に本気で相撲を挑んでくる大人げない人で、何度も泣かされたのを覚えています(笑)。

そんな叔父を僕は慕っていたのですが、リストラ以降正月に顔を見せることはなくなり、家族とも疎遠になってしまいました。

長年勤めてきた会社にクビを切られたショックや、再就職先がなかなか決まらない不安など、いろいろ重なってお酒に走ってしまったのだと思います。

もし叔父さんに給料以外の収入があれば、こんなことにはならなかったかもしれません。

叔父の場合もそうでしたが、いざとなると会社は社員を守ってはくれません。

リストラや倒産なんて他人事と思っていると、それは突然やって来ます。

若いうちならまだ再就職先も見つかるかもしれませんが、叔父のように50歳でいきなり会社から見捨てられようもんなら地獄です。

叔父には家族もおり、自分だけが食べていければOKという状況でもありませんでした。

そんな状態である日いきなり収入がゼロになったら…。

貯金で食いつなぐには限界がありますし、そもそも安月給では大して貯蓄も出来ません。

このような最悪の事態を避けるためにも、今のうちから会社以外の収入源を作っておくべきなのです。

岡田翔大
あらゆる事態に余裕があるうちから備えておかないと、問題が起きてからでは遅いですからね…。

将来の不安をなくす方法

将来 不安 なくす

前述した通り、サラリーマンが不安なのは、給料以外の収入が無いから。

倒産やリストラなどでそれを失ってしまった時のリスクがでかすぎるから、不安になるのです。

つまり、不安を解消するには、給料以外の収入源を作ること。

これが1番早いです。

会社以外の収入源を作るとしたら、候補はいくつかあります。

多くの人が思い浮かべるのは株やFXなどの投資だと思いますが、これはいかに資金をつぎ込めるかの勝負なので、一般人には向いていません。

何よりお金を失ってしまうリスクがあるので、個人的にはおすすめ出来ません。

1番おすすめなのは、アフィリエイトですね。

アフィリエイトとは自分でブログを書いてアクセスを集め、広告収入で稼ぐビジネス。

ブログを書くというと難しそうに感じるかもしれませんが、あなたの得意なこと、興味のあることについて書いていけばいいので難しくはありません。

例えば漫画の感想とか、ゴルフの上達法とか、ペットのしつけ方とかでもOK。

ネット人口全員がお客さんになり得るので、あなたの知識や経験に価値を感じてくれる人は必ずいます。

僕もアフィリエイトで毎月30万以上、サラリーマンをやりながら副業で稼ぐことが出来ています。

初期投資も必要なく(掛かっても月1000円ほど)、うまくいかなくてもリスクは無いので、とりあえず始めてみるっていうのもアリかなと。

パソコンとネット環境があればいつでもどこでも出来るので、忙しいサラリーマンにはおすすめです。

アフィリエイトの具体的な稼ぎ方については、無料メルマガのほうで詳しく解説しているので、興味があれば是非ご覧ください。

↓↓↓

アフィリエイトの詳しい稼ぎ方はこちら

副収入を得られると世界が変わる

副収入 世界

ブログで副収入を得られるようになってから、僕の人生は変わりました。

ブラック企業を辞めて不安しかなかった僕でしたが、「転職先がまたブラックでも、最悪ブログだけで生活していけるからいいか」と前向きに次の職場を決めることが出来ました。

また、会社に依存していると、上司の顔色を伺ったり、やりたくもない仕事を頑張ったり、精神的に無茶をしないといけないことも多いです。

しかし、副収入があって、最悪クビになっても生きていける状態なら、会社にも強気で向き合えます。

特別態度を変えないにしても、逃げ道がある状態なら精神的にもかなりゆとりが持てます。

あとは単純に給料+副収入が入ってくるので、金銭的にかなり余裕が出来ますね。

サラリーマンの月のお小遣いは平均2~3万と聞きますが、毎日頑張ってるんだから、もっと贅沢していいと僕は思います。

お子さんがいる場合も、お金があればやりたいことをさせてあげられます。

人生お金だけではないとは思いますが、お金があることで選択肢は遥かに広がります。

岡田翔大
もしアフィリエイトを始めていなかったら、僕は今でも将来に不安を抱えたままブラック企業で社畜を続けていたかもしれません…。

行動するなら今

行動

これまで将来が不安な理由、会社の給料だけに依存しては危険な理由、不安の解消方法を書いてきました。

でも、将来のことなんてわからない。

だからこそ不安になるわけですが、人間今が大丈夫ならなかなか行動には移せないもの。

僕の場合はたまたま自分がブラック企業で働いていたのと、身内がリストラに遭ったので、将来の危うさをリアルにイメージすることが出来ました。

だからこそ声を大にして言いたいのが、もしもの時の対策は余裕がある今のうちから取っておくべきだということです。

よく言われることですが、最悪の事態に陥ってからでは遅いですからね。

そして、その最悪の事態というのはある日突然やって来ます。

その時でも対応できるよう、自分や大事な家族を守れるよう、今のうちから会社以外の収入源を作っていってもらえたらなと思います。

それにどうせ副収入を得るなら、早いうちからやっておいたほうが生涯収入も増えるので絶対良いです。

また、アフィリエイトはまだまだ知られていないビジネスモデルですが、今後ライバルが増えて稼げなくなる可能性もなくはないです。

すでに大手企業も参入してきていますし、まだ個人でも稼げる今のうちから始めて、先行者利益を得るのが賢いかなと思います。

アフィリエイトで稼ぐ具体的な方法は無料メルマガで配信中!

今なら期間限定で、副業で毎月20万以上稼ぐ資産ブログ構築マニュアルをプレゼントさせていただきます。

興味がある方は今のうちに下記リンクから確実に受け取っておいてくださいね。

↓↓↓

アフィリエイトで副収入を得て将来の不安をなくす

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ