WordPressをTwitterと連携し自動投稿出来るプラグイン

ジェットパック ツイッター

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

最近ソーシャルメディアからの集客を考えて、
Twitterに力を入れています。
(と言っても気ままに呟いているだけですが^^;笑)

よかったらフォローしていただけると喜びます(*^^*)

ダンゴのTwitter

それで、ずっと後回しにしてた
ワードプレスとツイッターの連携を今回やってみたので、
そのやり方をシェアしますね(^^)

記事を更新するたびに自動でTwitterに投稿されるので、
より多くの方に記事を見てもらうことが出来ます♪

Jetpackの設定・使い方

僕は「Jetpack(ジェットパック)」というプラグインを使っています。

まずはこれをインストールして有効化します。

インストール・有効化の手順はこちら
プラグインとは?WordPressにインストールする方法・手順

Jetpack 連携

有効化出来たらプラグイン画面から
WordPressと連携していきます。

ワードプレス ログイン

Jetpack 承認

WordPressのメールアドレスとパスワードを入力して、
連携を承認すればOK(*^^)b

ジェットパック プラン

連携が完了したらプランの選択画面にいきますが、
とりあえずは無料ので十分な機能が使えます(*^^)b

ジェットパック 共有

次に、左側のメニューの「Jetpack」⇒「設定」から
「Engagement」⇒「共有」⇒「共有設定を構成する」をクリック。

ジェットパック ツイッター

ここでTwitterやFacebookと連携することが出来ます(^^)
連携する前にログインしておくと楽ですね♪

ワードプレス ツイッター

「連携」をクリックすると
WordPressのアカウント利用の許可を求められるので、
「連携アプリを認証」をクリック。

ユーザー 連携

認証が完了すると
「このブログの他のユーザーもこの連携を利用できるようにしますか?」
と出ますが、基本1人で運営していると思うので無視してOKです( ̄▽ ̄)ノ

ジェットパック パブリサイズ共有

連携出来たら、
記事投稿画面の右上にこのような画面が出るので、
Twitterにチェックが入っていることを確認して公開すれば
更新情報がTwitterに自動で呟かれます\(^o^)/

このチェックを外すことで、
呟きたくない記事は除外することが出来ますし、
カスタムメッセージから文章を変更することも可能です(*^^)b

ジェットパック ツイート

記事を公開すると、
こんな感じで画像付きでツイートされます(*^^*)

不要な機能を無効化してサイトを軽く

ジェットパック 無効化

Jetpackは非常に便利なプラグインなんですが、
機能が充実しすぎているので、
かなり重いプラグインでもあります(^_^;)

なので、使わない機能は
「Jetpack」⇒「設定」⇒「Engagement」から
無効化しておくことをオススメします。

僕の場合は共有機能以外は全て切ってますね。

「Appearance」や「Writing」にも
いろいろ有効化されている機能があるので、
必要かどうかチェックしておいてください(・ω・)ノ

良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

2件のコメント

  1. tonai より:

    wordpressをつかっています。Twitterに「Jetpack(ジェットパック)」のプラグイン使うというのが、非常に役に立ちました。また訪問します。

    • ダンゴ より:

      > tonai さん

      お役に立てたなら幸いです(*^^*)

      質問や要望などがあれば、
      お気軽にコメントくださいねヾ(´▽`*)ノ

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ