ブログに書くことが無い時に考えるべきジャンル・テーマの決め方3つ

ブログ ジャンル

どーも、ダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

今回は「興味のあることが無い場合、ブログにどんな記事を書けばいいか」という趣旨の質問をいただいたので、それについてお答えしていこうと思います。

ブログに書くことが無い

質問

以前ブログをやっていたんですけど、途中でやめてしまいました。

けれどダンゴさんの記事を見て、またやってみようと思いました。

しかし困ったことに、自分には興味のあることがそんなにありません。

あるとしてもおそらくは、どれも中途半端なものばかり。

なので面白おかしく、自分の日常でも書いてみようかと思っています。

もし他に何かいい方法などがあれば、ダンゴさんに是非教えていただきたいです。

回答

質問いただきありがとうございます。

僕は個人で稼ぐ方法としてブログを1番オススメしているので、やってみようと思っていただけるのは嬉しいですね(^^)

ブログで書くネタが無いというのは、多くの方がぶち当たる壁です。

今回はブログ全体のテーマについての質問ですね。

それについて、どういった目的でブログ記事を書いていくのかによって決め方が異なるので、いくつかのパターンに分けて解説していきます(^^)

トップクラスの知識・興味は必要無い

まず大前提として、ブログで稼ぐにあたり、その分野の専門的な知識や、オタクレベルの興味は必要無いということを覚えておいてください。

僕たちはネット人口全員をターゲットに出来るので、見込み客である読者さんには様々な需要があります。

例えば育児についての記事を書く場合、お子さんがいる方であれば、「私はこのようにして夜泣きを解決しましたよ」という実体験を書くだけで、夜泣きに悩んでいる育児初心者のお母さんは、とても価値を感じるでしょう。

これって専門的な知識いりませんよね?

もし育児論文を書くのであれば、これではいけないかもしれませんが、僕たちはインターネットを使ってあらゆる人たちにアプローチ出来るので、初心者の方をターゲットにすればいいんです(^^)

稼ぐのが第一目標なら

これを踏まえた上で、まず「何のためにブログをやるのか」を考えていきます。

お金を稼ぐのが目標の場合、ただ好きなことを書いていくだけでは難しいので、ある程度需要のあるテーマについて書いていく必要があります。

いくら検索で1位を取ったり、素晴らしい内容を書いていたとしても、需要が無ければ収益化するのは難しいですからね(^^;)

月間の検索ボリュームは「キーワードプランナー」というサービスで調べることが出来るので、これで自分が書こうとしているテーマは需要があるのか、リサーチしてみてください。

キーワードプランナー

結局何について書けばいいんだよ!

ちょっと漠然とし過ぎていますが、一定の検索ボリューム(=需要)があれば、何について書いてもらっても大丈夫です。

需要さえあれば、いくらでも収益化出来るので(*^^)b

専門的な知識が無くても、初心者が必要とする情報が書けるならOK
ものすごく興味があるものでなくても、書くのが苦痛にならないレベルであればOK

です。

「そんなことでもいいの?」って例を挙げると、

・漫画やドラマの感想
・飼っているペットとの日常
・今ハマっているゲームの攻略法

などなど。

このようなブログで毎月何十万も稼いでいる方はいっぱいいます( ̄▽ ̄)b

ブログに慣れるのが目的なら

収益化よりもまずは記事更新に慣れたり、ライティングを学びたいというのであれば、質問にあったように、日常を面白く書いていく形でも全然OKです(*^^)b

いずれ収益化を考えている場合でも、この文章力は超重要になります。

稼ぐための文章術というと、多くの人がまずコピーライティング(=物を売るための文章術)を学ぼうとしますが、これよりも大事なのが、読まれる文章・伝わる文章を書くことになります。

どれだけセールスが上手くても、読まれなかったら何も売ることは出来ませんからね(^^;)

読まれる記事ってどんな記事?

きちんと読まれる、伝わる文章が書けている基準としては、記事のコメントに注目するとわかりやすいです。

読者さんからコメントが来るようなら、少なくともコメントをくれた方はちゃんと記事を読んでくれているということなので(^^)

コメントは超重要!

それと、僕の場合は特にですが、コメントをいただけると記事更新のモチベーションになります。

稼ぐ目的でもライティングスキル向上が目的でも、いずれにしろ続けることが重要になってきます。

そんな時に嬉しいコメントをいただくと、「もっと良い記事を書こう!」となるわけですね♪
(実際この記事もコメントで質問をいただいたから書いてます^^)

ネタという面でいくと、読者さんのコメントに思わぬ需要が含まれていることがあるので、それをネタに記事を書くことも出来ますよ(*^^)b

ブログをアウトプットに利用する

どうしても書くことが無いなぁ~という場合は、ご自身がいま学んでいることについて書いていくのもアリですね。

実際学んだことを再度文字に起こすことで、復習している形になり、より知識が定着します(*^^)b

例えばアフィリエイトについて学んでいるのであれば、実際に勉強したり、実践してみて得られた結果などを書いていくといいですね。

まとめ

●専門的なことを書く必要は無い。

●稼ぐことが目標なら需要のあるテーマを!

●ライティングスキルアップが目標なら何でもOK!

●学んだことを書くことで定着率アップ!

漠然とした答えになってしまいましたが、端的に言うと書くジャンルは何でもOKです。

一応稼ぎやすいジャンル・稼ぎにくいジャンルはありますが、個人的には記事作成が苦痛なようであればやる意味無いと思っているので、ご自身が少しでも興味のあるジャンルをオススメしています。

書いていくうちに興味が出てくるパターンもあるので、まずは何でも良いから記事を書いてみるのが大事ですね(^^)

良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ