サラリーマンの老後がヤバい!年金受給開始年齢を75歳に引き上げる計画が進行中!

サラリーマン 年金

どーも、岡田です!

先日「年金受給開始年齢を75歳に引き上げる」という恐ろしいニュースを目にしました。

まだ決まったわけではないですが、それについて思うことがあったので、記事にしてみました。

年金の受給開始年齢が75歳に引き上げ!?

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。

そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。

高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。

2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。

政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等しい。

年金政策に詳しい社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。

「厚生年金の保険料は今年18.3%まで引き上げられる。

給料が上がらない中、現役世代にこれ以上年金の負担を強いるのは無理です。

しかも少子化で働き手、つまり年金の担い手も少なくなっていく。

労働力人口が減る中で、政府の『一億総活躍プラン』というのは“一億死ぬまで働け”ということなんです。

誰も死ぬまでは働きたくないから、政府は国民に“65歳を過ぎても、70歳を過ぎてもまだ若い。75歳まで働かなくてはつまらないでしょう”という意識改革をしている」

要約すると、

国「お金無いし働き手もおらんから、年金がもらえる年齢を75歳まで引き上げよう!」

国「でもそしたら国民から文句言われそうやから、75歳まで働くの当たり前って風潮作るか!」

って感じですね。

日本の健康寿命は71歳

この案で問題なのは、年金受給開始年齢となる75歳は、平均の健康寿命を超えているということです。

「健康寿命」とは、人が健康に生きられる年齢のこと。

つまり、ようやく年金をもらえる頃には、自由にお金を使えない状況になっている可能性が高いということです。

旅行に行きたくても外出できないかもしれないし、美味しい物を食べたくても食事制限をしなければいけないかもしれません。

そもそも、75歳まで生きているという保証もありません。

年金受給開始年齢を75歳に引き上げるという案は、言わば僕たちに「死ぬまで働け」と言っているに等しいことなんですね。

岡田翔大
60歳でも働きすぎだと思うのに、75歳まで働けとかもはや「ブラック国家」ですね…

意識改革という名の洗脳

さらに恐ろしいのは、国が「75歳まで働かないとつまらない」という常識を植え付けようとしているということ。

意識改革とは言っていますが、実際は国民を都合の良い価値観に洗脳したいだけですよね。

実はみんな洗脳されている

「さすがにそれは無理やろ」という声が上がっていますが、実際僕たちはすでに国から価値観の洗脳を受けています。

勉強して良い大学に入って、

大手企業に就職して、

家族を作り、

マイホームを買って

定年まで勤めあげる

みたいなのが理想の人生像になってますよね。

ですが、本当にそうでしょうか?

確かに上記のような人生も素晴らしいと思いますが、じゃあその流れに乗れなかった人は不幸なのか?と言われると違いますし、他の道だっていっぱいあるわけです。

僕は大学4年生の頃まで上記の流れが最高のパターンだと信じていたので、頑張って国立大学に入学し、中小ではありますが、無事内定ももらいました。

ですが、そこがとんでもないブラック企業で、精神を病んでしまう上司を見たり、会社と家を往復するだけの人生を想像すると、「この人生は本当に幸せなのだろうか」と考えるようになりました。

それで会社を辞めて個人で稼ぐ力を身に着け、今はご縁あって自分にあった会社で働けています。

いつ起きてもいつ寝ても、いつ仕事してもいつ休んでも自由。

どこで仕事してもOKなので、満員電車に揺られることもなく、基本的には過ごしやすい家でいつも仕事をしています。

仕事時間自体も普通のサラリーマンよりはるかに少ないですが、同世代の平均よりも多くの給料をもらっています。

岡田翔大
敷かれたレールに乗らなくても人生楽しくやっていけます

選択肢は多いほうがいい

何が言いたいかというと、そんな会社もいっぱいあるし、僕たちにはそれを選ぶ権利があって然るべきだということです。

僕が小さい頃は、「働く=毎日スーツを着て会社に行って、夜まで仕事をすること」だと思っていましたが、実際大人になってみると、選択肢はそれだけではないと知りました。

仕事を仕組化して遊び重視の生活を送っている人や、
自分の影響力を高めてそれをお金に換えている人や、
得意なことを収益化して楽しみながらお金を得ている人などなど。

雇われなくてもお金は稼げるし、幸せな人生を送ることが可能なんです。

僕は別にサラリーマンがダメだと言いたいわけではなくて、もっと他の道もあるから、それを選択肢に入れた上で、将来のことを考えてほしいなと思います。

1億人以上いるわけなので、全員がサラリーマンに向いているとは限りません。

それなのに、「雇われる」という選択肢しか与えられていなければ、その道を選ばざるを得ませんよね。

遅くまで働くのが偉いとか、すぐに会社を辞める奴は根性が無いとか、プライベートよりも仕事を優先して当たり前、みたいな風潮があるから、ブラック企業を辞めたくても辞められず、社畜がどんどん増えていってしまうのだと思います。

選択肢が多いに越したことは無いので、国が決めた”常識”にとらわれず、俯瞰的に判断してほしいなと思います。

岡田翔大
サラリーマンがダメなんじゃなくて、サラリーマン以外の選択肢が無いことが問題かなと思います。

国に頼っていては生きていけない

今回の「年金受給開始を75歳に引き上げる」という案が実際に施行されるかはわかりませんが、いずれにせよ国はあてにしないほうがいいかなと思います。

僕も義務なので一応年金を払っていますが、自分が将来もらえるなんて微塵も思っていません。

もらえたらラッキーぐらいの感覚ですね。

そもそも年金は自分のために払うのではなくて、今の日本を築いてくれたお年寄りに感謝の意を込めて納めるものだと考えています。

まぁそうでも思わないとやってられないというのもありますが、どうせ返ってこないんで、そっちのほうが気持ち的に良くないですか?

年金の意義については置いておいて、年金を納める人よりも支給される人のほうが増えていくのは事実で、年金がもらえない、もしくはもらえても少額になるのは目に見えていることです。

なので、国に頼っていてもどうしようもないので、今から老後の対策を考えておく必要がありますね。

岡田翔大
年金は無いものとして考えていたほうがいいですね。
事実たぶんもらえませんし…

個人で稼ぐ力を身に着ける必要がある

老後に必要なお金は3000万円と言われていますが、貯金や退職金だけでは厳しいという方のほうが多いのではないでしょうか。

加えて年金ももらえないとなると…。

国が助けてくれないなら、自分で何とかするしかないですよね。

なので、今から個人で稼ぐ力を身に着ける必要があると僕は常々思っています。

実際僕はいま会社の給料以外に毎月20万以上の副収入があるので、年間約240万の余分な収入を得ることが出来ています。

このペースでいっても(もっと増えると思いますが)60歳までに約8000万の副収入を得られることになるので、まぁ大丈夫かなと。

もっと欲しいですけどね(笑)。

別に僕は特別な才能があるわけでもなく、何か悪いことをやっているわけでもない。

今の時代誰でも個人で稼げるので、やらない手はないですよ。

僕が副業で毎月20万円以上稼いでいる具体的な方法は、無料のメールマガジンで配信していますので、興味があれば是非ご覧ください。

今なら期間限定で初心者でも月収20万稼ぐ資産ブログの作り方をプレゼント中なので、この機会に是非!

↓↓↓

今すぐ個人で稼ぐ力を身に着ける

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ