トレンドアフィリエイトのキーワードの具体的な狙い方とずらしのテクニックを大暴露!

トレンド キーワード

どーも、岡田です!

ブログで稼ぐ上で、初心者におすすめなのが「トレンド」を狙うこと。

「トレンドアフィリエイト」と言われたりもしますね。

トレンドは作業に追われるイメージがありますが、うまく活用していけばそこまで時間を取られずに大きな金額を稼ぐことが出来ます。

僕も資産系のブログに敢えてトレンド記事を入れたり、今でもけっこう活用しています。

ただ、最初の頃は「トレンド」と言われても、いまいち理解出来ておらず、間違ったキーワードで狙っていたので、全然稼げなかった思い出があります。

そこで今回は、具体的なトレンドキーワードの狙い方と、ライバル不在キーワードが見つかる「ずらし」について詳しく解説していこうと思います。

トレンドとは?メリット・デメリット

トレンドとは流行のことで、今はやっているものや話題になっていることについて書いていく形になります。

トレンドの良いところは、一時的に大きな需要が集まるのでかなりのアクセスを集めることが出来るっていうことと、新しく出てきた情報なのでライバル不在で勝負出来るということです。

デメリットとしては、トレンドが過ぎるとアクセスがガクンと落ちるので、常に更新し続けないといけません。

とは言え、短期間で大きな金額を稼ぐことが出来ますし、トレンドで稼ぐことが出来ればそれを応用して長期的に需要があるジャンルでも稼ぐことが出来るようになるので、始めの練習としては最適だと思います。

とまぁこんな感じで抽象的に言っても、なかなかイメージしづらいと思うので、今日は具体的な例を挙げて説明していきますね。

具体的なトレンドの狙い方を大暴露

この記事を書いているのが2017年8月4日金曜日。

トレンドは毎日生まれては消えていくのでこの1日だけでもいろいろ狙えますが、今回は金曜日ということで「金曜ロードショー」に着目してみたいと思います。

金曜ロードショーはかなりの視聴率があり、多くの人が注目しているので、これだけでもいろんな狙い方が出来ます。

ちなみに今日金曜ロードショーで放送される映画は「ジュラシックワールド」。

恐竜が出てくるジュラシックパークシリーズの最新作ですね。

単純にジュラシックワールドを見てみて、あなたが気になったことを記事にすれば、同じく気になっている人がいるはずなのでアクセスを集めることが出来るでしょう。

例えば今回は「インドミナス」っていう新種の恐竜が出てきます。

僕この映画見たことあるんですが正確に内容を覚えていないので、軽く検索してみると、

「ジュラシックワールド インドミナス 歯の数」

ってキーワードがありました。

どうやらメインキャストの子供が「インドミナスの歯の数が足りない」みたいなこと言うらしいです。

これを見た人は

「何でそんなことわかったの?」
「何で歯の数足りないの?」
「そもそもインドミナスの歯って何本?」

って気になるので調べるわけですね。

ちなみにライバルチェックしてみたら激弱だったので、今からでも書けば余裕で上位表示すると思いますよ♪

岡田翔大
映画を見なくても記事は書けますが、より良い記事を書くためには実際に見たほうがベターですね。

視点をずらすことで一人勝ち可能

また、素直にジュラシックワールドのストーリーについて書くのではなくて、ちょっと視点を変えることで誰も書いて無いような記事が書け、簡単に一人勝ち出来たりもします。

例えば、今回放送するにあたって、映画とは違う吹き替え声優さんが起用されているみたいです。

水卜麻美さんやお笑い芸人の永野さんが担当されているみたいなので、それについて書いていくのもいいですね。

これについてはすでにネットで話題になっているので、

「水卜麻美は誰の声をやっていたの?」とか
「他にも声優をしている作品はあるの?」とか
「そもそも永野って最近何してるの?」とか

こういった需要が予測されますよね。

真っ向勝負をするのではなく、ちょっと視点を変えてみるということも意識すれば、狙えるキーワードは無限に出てきます。

トレンドの本質を理解することが大事

ただし、トレンド記事だけではせいぜい今日~明日ぐらいしか需要はなく、徐々にアクセスは落ちていくと思います。

また、後からこの記事を見た人は「今からそれ書いてもなぁ」と思うかもしれません。

今回は具体的な例を出して説明しましたが、僕が伝えたかったのは「狙い方」の部分。

今回お話したような視点を持っていれば、違うジャンルでもどんどん狙っていけると思います。

また、「読者さんの需要を満たす」ということと、「検索エンジンの上位に表示させる」ということが押さえられていれば、トレンド以外の記事でもアクセスを集めることが出来るようになります。

そうすればより大きな金額を稼げますし、放置で収入が発生!ということも可能になります。

まさに”資産”となるようなブログを作れるわけですね。

ただ、いきなりそういったジャンルに挑戦するのは初心者の段階だと少し難しいですし、成果が出るのも遅いです。

なので、まずは練習として、即金性があり、簡単なトレンド記事から是非挑戦してみてくださいね。

トレンドを含む初心者でも最速で成果を出せるおすすめジャンルに関しては、限定サイトのほうで公開していますので、是非ご覧ください。

↓↓↓

初心者でも月収20万稼ぐ資産ブログ構築マニュアル

【追記】トレンド記事を書いてみた結果

上記でトレンド記事の狙い方について書きましたが、言った手前、軽く1記事書いてみました。

狙ったのは、金曜ロードショーで放送されたジュラシック・ワールドについてです。

記事を書いている現時点での結果になりますが、ジュラシックワールドの記事は74PV来ました。

これからもうちょっと増えると思います。

まぁだいたいこんなもんですかね~。

一応狙ったキーワードで1ページ目にはランクインしてます。

せいぜい100PVやそこらだと大きな金額にはなりませんが、大事なのは、狙ったキーワードで上位表示させること。

これが出来れば大きな金額も稼げます。

今回の記事もPVはそこまでなのでアドセンスでは稼げませんが、アフィリエイトを絡めれば70PVでもまとまったお金になります。

ちょっと今回僕が狙ったキーワードは商品を訴求出来なそうだったのでやってませんが、ジュラシックワールドでいくなら動画配信サービスとかが成約出来そうですよね。

「こちらで映画見れますよ」

みたいな感じで。

動画配信系の報酬はだいたい2000円ぐらいなので、1件でも取れればでかいですよね。

僕は20分程度でちゃちゃっと書いたので、それで2000円稼げるなら時給換算で6000円!

キャバ嬢ばりのコスパですね(笑)。

岡田翔大
ちなみに同じような狙い方をして、1記事で3万稼いだこともあります。

トレンド記事の活用方法

今回はアクセス自体はそこまででしたが、うまくいけば1記事で1万PVとか集めることも可能です。

それだけトレンドの威力は凄まじいんですよね。

トレンドでアクセスベースの底上げに

ちなみに、1度爆発させれば全体のPVの底上げにもなるので、トレンド記事を定期的に入れていくことで慢性的なアクセスも増えます。

僕がやっている資産系のブログでもトレンドでガッと増えてから、流行が去っても全体のベースは落ちていません。

↓↓↓

トレンド PV

単発の収入以外にも恩恵があるので、短期的にしか需要がないとあなどらず、トレンドも狙ってみてくださいね。

定期的な短期トレンド狙い

ちなみに、トレンドには定期的に需要が訪れるものもあります。

例えば僕がやったことがあるのは、GW・お盆・年末年始などの大型連休に関する記事。

これも需要はその期間だけですが、大型連休は毎年来るので、その時期になれば勝手にアクセスが集まります。

その記事のアクセスデータを見たら面白い感じになってました。

↓↓↓

定期トレンド

毎年ちょうどGW・お盆・年末年始の時期にアクセスが上がっているのがわかりますよね。

ちなみにこの記事、1度書いてから放置してますが、現時点で34489PV来てます。

アドセンスだけでも7000円ぐらい稼げてますし、アフィリエイトにも繋げてるので実質もっといってますね。

しかも、毎年GW・お盆・正月のたびにアクセスが来るので、さらに収入は増えるでしょう。

せいぜい1時間程度で書いた記事なので、コスパめっちゃ良いです。

とまぁこんな感じで、トレンドでも定期的に収入を得ることが出来るので、是非挑戦してみてくださいね。

こういった具体的なノウハウは無料メルマガで配信中!!

今なら期間限定で月収20万稼ぐ資産ブログの作り方もプレゼントしています。

↓↓↓

今すぐノウハウを手に入れる

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

2件のコメント

  1. tonton より:

    こんにちは。
    初めまして。
    最近ブログを書こうと、先輩方のブログにお邪魔しています。
    「トレンドアフィリ」はよく耳にします。
    記事、よ~く噛みしめて読ませて頂き、勉強させて頂きます。

    • 岡田翔大 より:

      >>tontonさん

      初めまして。

      いいですね!
      ブログは本当におすすめですし、最初の練習としてはトレンドが最適だと思います^^

      何かありましたら遠慮なくご連絡くださいね♪

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ