LP

WordPressをhttpsにSSL化するエックスサーバーでの手順完全まとめ

WordPress SSL化

どーも、岡田です!

ご覧いただきありがとうございます。

2017年10月からURLのセキュリティ表示が導入され、しばらく後回しにしてたんですが、経験として一応やっておこうかなと思い、このたび重い腰を上げて、別サイトをSSL化してみました。

実際に自分でやってみた流れを記事にまとめたので、これからSSL化する方は是非参考にしてください。

SSL化とは?

SSLとは「Secure Socket Layer」の略で、クレジットカード番号などの個人情報を暗号化して送受信できるようにしたものです。

URLをSSL化することにより、フィッシング詐欺などの対策になるというわけですね。

SSL化されたURLは「https~」となり、左に鍵マークがつきます。

岡田翔大
とりあえずは「SSL化=URLをhttps~にすること」という認識で問題ないと思います。

SSL化にSEO効果はある?

このSSL化ですが、Googleが「検索順位に影響するよ!」を公言しています。

Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。

この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

引用:HTTPS をランキング シグナルに使用します

2017年11月現在、SSL化していない僕のサイトは大きくこの影響を受けてはいませんが、今後SSL化したサイトがSEOで有利になる、もしくはSSL化していないサイトの検索順位が下がるなどの可能性は十分に考えられます。

とは言え、実際に「SSL化したら順位が下がった」という声や「何も変わらなかった」という声もあり、まだSSL化によるSEO効果は不確かな点も多いです。

岡田翔大
実際SSL化していないサイトは多いので、まだ完全に浸透していない、という感じなんでしょうかね。

SSL化の注意点

Googleが名言している以上、今後1つの判断基準になることは間違いないと思いますが、SSL化する際には注意点もあるので、そこもしっかり押さえておいていただきたいと思います。

安易にやらないほうがいいかも

SSL化は比較的簡単に出来ますが、HTMLやサーバーに関する知識がないと少し難しいかもしれません。

僕の周りでもとりあえずやってみたはいいものの、アクセス出来なくなったり、エラーが出たりしてかなりの時間と労力を消費した方が何人かいます。

多少慣れていないと不具合が起きた時に1人では対処できなくなる可能性があるので、初心者の方は誰かに頼むか、もう少し様子を見てもいいんじゃないかなと思います。

変更する時間

SSL化すると、反映されるまで一時的にブログにアクセス出来なくなります。

なので、アクセスが多い時間帯に変更してしまうと、けっこうな機会損失に。

特にPVが多いサイトだと万単位で損してしまう場合もあるので、やるならアクセスが少ない深夜などがおすすめです。

エックスサーバーでSSL化する全手順

それではさっそく、エックスサーバーでWordPressをSSL化する手順について書いていきたいと思います。

バックアップを取る

サーバーをイジるので、最悪画面が表示されないなどの不具合が起きる可能性があります。

けっこうめんどくさいのでスルーしがちですが、バックアップはマジで大事です!

岡田翔大
「バックアップ」とは、いつでも復元できるようにデータを保存しておくことです。

失敗してから後悔しても遅いですからね。

慣れていない初心者の方こそ、必ずバックアップは取っておくことをおすすめします。

バックアップの取り方についてはこちらの記事を参考にしてください。

↓↓↓

エックスサーバーでSSL設定

バックアップが取れたらさっそくSSL化設定をやっていきます。

エックスサーバー SSL設定

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインして、「SSL設定」をクリック。

SSL化 ドメイン

取得したドメインが表示されるので、SSL化したいドメインを選択します。

独自SSL設定

「独自SSL設定の追加」を選択して、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

ドメインは「www.~」形式でOK。

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にはチェックを入れなくてOKです。

SSL設定 完了

このような画面が表示されればとりあえずは完了です。

SSL化 エラー

ただし、これで完全に完了ではなくて、この状態で「https://~」というURLでブログにアクセスすると、このような画面が表示されて閲覧できない状態になっています。

「うわぁ~!バクったぁ(泣)」とあせることはないのでご安心を。

アクセス出来るようにするために、次はWordPressのほうで設定を行っていく必要があります。

WordPressでURLを変更

設定 一般

以前の「http://~」というURLではブログにアクセス出来るので、そちらからダッシュボードにログインして、「設定」→「一般」とクリックしてください。

SSL化 一般設定

ここの「WordPress アドレス (URL) 」「サイトアドレス (URL)」が「http~」のままになっているので、ここを「https~」に変更して保存します。

SSL化 エラー

「これで完了…」と思ったら、またしても例の画面が…!!

実はSSL化は1つでもhttpsになっていないURLがあるとうまくいきません。

なので、今からそれらを1つ1つ変更していきます。

岡田翔大
僕の場合ここでダッシュボードにログインしようと思ったら上記の画面が出て入れなくなりました…!

いろいろ試してみましたが、1時間ほどでログイン出来るようになったので、恐らく時間的な問題だと思われます。

URLを一括変換

とは言え、httpsになっていないURLを1つ1つ探して変えていくのはめちゃくちゃ大変。

記事数が多いサイトだとほぼ不可能に近いですよね。

そこで、それらを一括変換してくれる便利なプラグインを使います。

そのプラグインとは「Search Regex」

インストールしていない場合は、ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」からインストールして有効化してください。

プラグインのインストール手順はこちらを参考に♪

↓↓↓

ツール Search Regex

有効化できたら左側のメニューから「ツール」→「Search Regex」とクリック。

SSL化 Search Regex

これの作業は画像URLやリンクなど、「http~」となっているURLを一括で「https~」に変更するもの。

一気に変更できるので便利ですね~。

以下のように入力し、「Replace & Save」をクリックすれば完了です。

●Search pattern 元URL(http~)
●Replace pattern SSL化したURL(https~)

.htaccessを編集

ここが慣れてない人にはちょっと難しいかもしれません。

「FTPで.htaccessを編集します」って聞いて「え、何それ日本語でお願いします」という方はやらないほうがいいかも…(笑)。

こちらでやるのはリダイレクト設定。

SSL化してURLが変わったので、「http~」で来たアクセスを「https~」に転送するようにします。

難しいと言ってもただコードをコピペで追加するだけなので、FTPを使ったことがある方なら一瞬で終わりますけどね。

.htaccessの場所は、「ドメイン名」→「public_html」と進んでもらえるとその中にあります。

SSL化 .htaccess

あとは下記コードをコピペで先頭に貼り付けて上書き保存すれば完了です。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
岡田翔大
.htaccessは重要なファイルなので、編集前には念のためバックアップを取っておいたほうがいいですね。

エラー部分のチェック

本来ならこれでSSL化は完了するはずですが、多くのサイトはまだ不完全だと思います。

と言うのも、HTMLコードや外部サービスのリンクまではSearch Regexで変換できないので、そこに「http~」というURLが残ってしまっている場合が多いからです。

SSL化 URL

上画像のような感じでURLに鍵マークがついていなければ、まだSSL化は出来ていないということになるので、問題のあるページを1つ1つ手動で直していく必要があります。

1ページでも「http~」のURLがあるとSSL化できないので、この作業が1番めんどくさいです^^;

恐らくだいたいエラーが出るページは似てくると思うので、僕が訂正した部分をピックアップしておきますね。

相互リンク

相互リンク等で外部のブログパーツを使用している場合はそれがひっかかっているかも!
僕の場合は「ライブドアRSS」が原因でした。

ブログランキング

SSL化されていないブログランキングのバナーを貼っているとNG。
僕は「人気ブログランキング」が原因でした。

記事下・ウィジェット

記事下・ウィジェットなどに画像やリンクを貼っている場合、それがhttps形式でないとNGなので確認してみてください。

アフィリエイトリンク

ASPによってはSSL化に対応していないところもあるので、それがひっかかっている可能性も…。

※2017/11/23現在

「上記をチェックしたけどまだSSL化されない!」という場合は、1つ1つしらみ潰しにチェックしていくしかないですかね^^;

Console エラー

確認方法としては、Chromeの場合、右クリックで出てくるメニューの「検証」をクリックし、「Console」を選択した状態で各ページを見ていくと、エラーが出ている場合は赤くなって知らせてくれるので便利かなと思います。

他のブラウザでも似たような機能があるので、ご活用ください。

保護された通信

こんな感じでURLの前に「保護された通信」と出ればSSL化完了です!

お疲れ様でした^^

ブラウザによって表示方法は異なりますが、鍵マークがついていればOKです。

SSL化できたらやっておくべきその他設定

URLに鍵マークがつけばとりあえずはSSL化は完了したわけですが、URLが変わったわけなので、他の設定も変更しておく必要があります。

変更すべきものを挙げておきますので、こちらも必ずチェックしてくださいね。

Google Analytics

アクセス解析として重要な「Google Analytics」。

URLを変更しないとアクセス解析がされないので、こちらも変更しておきましょう。

SSL化 アナリティクス

アナリティクスの変更は、「歯車マーク」→「プロパティ設定」と進み、「デフォルトのURL」というところの「https」にチェックを入れて保存すれば完了です。

Search Console

Search Consoleの登録URLも変わってしまい、こちらは再登録する必要があるようです。

Search Consoleの登録方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

↓↓↓

SSL化を終えて

今回、経験にと思って自分でSSL化をやってみましたが、まぁめんどくさい!!

難しいというよりめんどくさいって感じです。

めんどいという話は人から聞いていたので、とりあえずほとんど記事数が入っていないサイトでやってみましたが、これメインサイトでやるとなると気が重くなりますね…^^;

SSL化することでSEOで多少は有利になると思われますが、実際僕の他のSSL化してないサイトたちも検索順位に大きな変動はありません。

SSL化することで順位が上がった、むしろ下がったなどいろいろな話を聞きますが、ひとまず今のところは大きな影響はなさそう、というのが僕の見解です。

初心者でこれを自力でやろうとすると不具合が出たり、めちゃくちゃ時間がかかったりすると思われるので、そこに時間を割くぐらいなら1記事でも多く上げることが稼ぐ上では大切かなと。

まぁ今後検索順位に大きな影響が出てくるようだと移行を考えないといけなくなるし、どうせやるなら早いほうがいいのは間違いないです。

なので、ほとんど記事が入っていないサイトや、これから新規で始める場合は、SSL化しておくのがいいと思いますね。

ちなみに、僕はこちらの記事を参考にSSL化しました。

画像つきでめちゃくちゃ丁寧にわかりやすく説明されていたので、こちらも参考にしてみてください^^

↓↓↓

最新SEO情報や稼ぐ思考は無料メルマガにて配信中!

今なら期間限定で月収20万稼ぐ資産ブログ構築マニュアルをプレゼント中なので、この機会に是非お受け取りください。

↓↓↓

限定情報・特典はこちらから

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ