Youtubeに動画をアップロード出来ない・処理が遅い時の対処法4つ

Youtube アップロード できない

どーも、岡田です!

「動画のほうがわかりやすいな」と思うコンテンツに関しては、ちょくちょくYoutubeにアップしているのですが、先日全然アップロードされなくて、なんかやる気が起きず、しばらくダラダラ過ごしてしまいました…。

人のやる気ってちょっとしたことで削がれてしまうんですよね。

せっかくやる気があって作業していたのに、ただYoutubeへのアップロードが遅いだけで、本来出来たはずの作業時間を無駄にしてしまう。

これってハンパない損失です。

(まぁ「そんなことでやる気なくすなよ」と言われればそれまでですが。。笑)

1時間以上放置していても全然アップロードされず、原因を調べていたらとりあえず解決したので、その方法をご紹介したいと思います。

ファイル形式とサイズを確認

Youtubeには推奨されているファイル形式があり、それ以外だと「無効なファイル形式」となり、アップロード出来ません。

Youtubeで使用出来るファイル形式

.MOV
.MPEG4
.AVI
.WMV
.MPEGPS
.FLV
3GPP
WebM

参考:YouTube でサポートされているファイル形式

僕も間違えて違う形式で保存した動画をアップロードしてしまった経験があるので、まずはファイル形式をチェックしてみてください。

ちなみに、再生時間が長いほどアップロードには時間が掛かります。

インターネット接続速度

回線 スピード 測定

当然ですがネット回線が重いと、Web上のサービスであるYoutubeに動画をアップするのにも時間がかかります。

「アップロードに時間が掛かるなぁ」と思ったら、回線速度を計測してみてください。

BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

最低1Mbps以上あれば「全くアップロードが進まない」ということは無いはずなので、ネット回線以外の原因を疑ったほうがいいですね。

ブラウザの変更

ブラウザ 変更

僕はこれで解決しました!

「とりあえず再アップしてみよう!」と何度か繰り返していると、アップロードの処理が二重に行われ、重くなる原因となるようです。

そこで、クロームを使っていた場合はIEで、IEを使っていた場合はクロームで、といった具合で、ブラウザを変えて動画をアップしてみてください。

「今までの時間は何だったんだ。。」ってぐらいすぐにアップロードされました(笑)。

それでも解決しなければ、、

再起動

上記3つでも解決しなければ、安定の「とりあえず再起動」がオススメ。

パソコンはたまに原因不明のトラブルを発生させます。

そんな時はあれこれ考える前にとりあえず再起動させると、元通り機能したりするんですよね。

パソコンのような女の子とは付き合いたくないな…笑。

 
 

PS.

ひそかにYoutube動画アップしているので、良ければチャンネル登録お願いします。

岡田のYoutube

感想や「こういう動画を撮って欲しい」など、コメントやメールいただけると更新の力になります。

また、サラリーマンの僕が空いた時間にパソコン1台で会社の給料以上稼いでいる方法を限定動画で配信しているので、興味があればこちらからどうぞ!

限定動画は予告なく削除する可能性がありますので、是非いまのうちにご視聴ください。

↓↓↓

パソコン1台で毎月20万稼げる副業とは?

LP
良い記事だと思ったらシェアしていただけると喜びます^^

質問や感想などお気軽にどうぞ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ