アフィリエイト

Googleアドセンスの審査に落ちた時はここをチェック【2019年最新版】

Googleアドセンス 審査
岡田
岡田
どーも、岡田(@dang0821)です。
2017年に脱サラし、今はブログで生活しています。

先日、コンサルをしている方がアドセンスの審査に通りました!

1回目は落ちてしまったんですが、修正を加えることによって見事合格!

小さな1歩かもしれませんが、パソコンも全く使ったことがない初心者の方だったので、僕としても自分の時以上に嬉しかったです。

審査が厳しくなったと言われるGoogle AdSenseですが、ちゃんとやれば余裕で受かります。

とは言え、「審査に通りません」といった質問をよくいただくので、今回はアドセンスの審査を通過するためのポイントをまとめておきますね。

※コンサル生が審査を通過したのが2019年6月10日なので、その時点での情報になります。

アドセンスを貼れる3つのメリット

まず、何でアドセンスを貼ろうとしているのか。

ここをしっかり押さえておくことで、仮に審査に落ちたとしても「何としてもアドセンス貼りてぇッ!!」ってなるので、心折れずに再挑戦することが出来るかなと思います。

というわけで、僕が実際に使ってみて思うアドセンスのメリットを挙げておきますね。

収益化がマジで簡単

アドセンスはご存知の通り、クリックされるだけで報酬が発生する広告です。

1クリックあたりの単価は数十円ほどですが、言ってしまえば貼っておくだけで一定数のクリックが得られるので、アクセスさえ集めればまとまった金額を稼ぐことが出来るわけです。

これがアフィリエイトの場合だと、いったん人を集めてきて、そこからさらに「この商品めっちゃ良いよ!」ってセールスをかけていかないと収入に結び付きません。

極端な例ですが、セールスが下手だと1万PV集めても収入ゼロ……なんてことも。

対してアドセンスは1万PV集めることが出来た時点で2000~3000円はまぁいくでしょう。

なので、非常に初心者向きの稼ぎ方になります。

何やかんや収入が安定する

決算月とかの関係で微妙に単価は変動しますが、アクセスを集めることさえ出来れば、言ってもアドセンスは毎月の収入が安定します。

これがアフィリエイトの場合だと、広告主の都合で報酬額が下がったり、もっと言うと案件自体がなくなってしまったりなんてこともしばしば。

そうなると、一気に収入が半分になったり、0になったりしてしまうので、かなり痛いですよね。

記事作成のモチベーションアップに

アフィリエイトの場合だと、何か商品が売れたりサービスに申し込んだりしてもらわないと収入が発生しないので、始めのうちはずっと報酬0円……なんてことが多いです。

アドセンスはクリックされるだけで報酬が発生するので、始めのうちでも数十円ではありますが、報酬が発生します。

なので特に初心者の頃は「本当に稼げるんだ!」と小さな成果でも目に見えることで、記事作成のモチベーションアップに繋がると思います。

その結果どんどん作業をするので、より大きく稼げるようになるという高循環が生まれます。

僕もブログを始めた頃は、少しずつ成果が増えていくのが楽しかったのを覚えています。

岡田
岡田
いろんなジャンルで収益化出来るし、キャッシュポイントも増えるので是非取得しておいてください。

アドセンスの審査って厳しいの?

上記のようなメリットがあるアドセンスですが、誰でも使えるわけではなく、ブログの審査があります。

この審査が厳しいと言われていて、なかなか通らずに諦めてしまう人も多いと思います。

確かに、昔に比べれば審査は厳しくなっていると思いますが、きちんとポイントを押さえて記事を書けば必ず受かるので、これから審査を受ける方、審査に落ちてしまった方は是非参考にしてください。

2019年6月に僕のコンサル生がアドセンスを通過した際に意識してもらったポイントになります。

アドセンス 合格
岡田
岡田
審査通過は難しくないので安心してくださいね。

アドセンスの審査を通過する3つのポイント

まず始めに大前提として押さえておいてほしいことなんですが、

審査の明確な基準はわかりません!

僕Googleじゃないので……。

ですが、一般的に言われていることや、実際に僕やコンサル生の経験から、まず落ちることはないかなというポイントをご紹介していきます。

Google目線で考えよう

1つ、常に意識しておいてほしいのは、「Googleさんの視点に立った記事作成を心掛ける」ということ。

これはアドセンスの審査の時に限らず、通ってからも意識しておいてください。

というのも、アドセンスの審査をするのはGoogleさんなので、当然、その意図にそぐわないようなブログは落とされてしまうからです。

では、Googleの意図って何なのかと言うところですが、アドセンスは、そこに出稿する企業の広告料で収入を得ています。

アドセンス「うちめっちゃ多くの人が利用してる検索エンジン持ってまっせ」

企業「ぜひうちの広告をそこに載せてください!」

アドセンス「ほなお金払ってや」

って感じですね。

で、僕たちがブログにアドセンスを貼ると、その企業たちが出した広告が表示されるわけです。

Googleさんはしっかり企業の広告を効果的に表示させる義務があるので、僕たちは「このブログだったらアドセンス載せてもいいかな」というような記事作成を行っていく必要があります。

それを踏まえた上で、以下でポイントを解説していきますね。

独自ドメインを使う

まず、アドセンスの審査は独自ドメインじゃないと通りません。

「無料ブログに独自ドメインを使用して審査用のブログを作る」というやり方もありますが、どうせしっかり記事を書いていくなら、最初からメインのWordPressでやっていったほうがいいと思います。

独自ドメインの取得手順はこちらを参考にしてください。

お名前.comで独自ドメインを取得する方法・費用など どーも、岡田です! 今回は、WordPress(ワードプレス)でブログを運営していく上でまず必要となる「独自ドメイン」の取...

禁止コンテンツを書かない

アドセンスには「こういう記事は書いちゃダメだよー」っていう禁止コンテンツがあります。

なので、以下のような内容は書かないよう注意です。

■アダルトコンテンツ
AV女優の名前とか水着の画像とかでも引っかかる場合があるので注意です。

■危険または中傷的なコンテンツ
これは常識的に受かってからも書かないでほしいですね。

■危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
これはまぁ大丈夫ですかね。

■アルコールに関連したコンテンツ
万全を期すなら審査の段階ではお酒について書かないほうがベターです。

■タバコに関連したコンテンツ
上記と同じく万全を期すなら……以下略。

■ヘルスケアに関連したコンテンツ
薬事法があるので、薬やサプリについて書く際は注意が必要です。

■ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
ガジェット系をやっている方は注意ですね。

■報酬プログラムを提供するページ
例えば「アンケートに答えてくれた方には〇〇プレゼント」みたいなのはアウトです。

■不適切な表示に関連したコンテンツ
良識の範囲内で運営していれば大丈夫かなと思います。

■暴力的なコンテンツ
格闘技のブログとかは注意ですね。

■武器および兵器に関連したコンテンツ
これはまぁ大丈夫かなと思います。

■不正行為を助長するコンテンツ

ちょっとグレーな裏技とかも危険かもです。

■違法なコンテンツ
その名の通り、法に触れるようなことはダメです。

参考:禁止コンテンツ

しっかり記事を書く

これはまぁ審査を通過してからもやってほしいところなんですが、具体的に目安を挙げておくので参考にしてください。

■プライバシーポリシーを明記する
アドセンスを使う際にはプライバシーポリシーの記載が必要になります。
内容は当サイトのプライバシーポリシーを参考にしていただいてOKです。

■定期的に更新
出来れば毎日更新が理想です。
Googleさんはしっかり更新しているブログに広告を表示したいので。

■1記事1000文字以上
やっぱりしっかりした記事を書こうと思うと最低でも1000文字は必要になってきます。
薄っぺらい記事だとアドセンスのクリック率が下がるのでGoogleさんは嫌います。

■全部で10記事以上
ある程度記事数がないと「ほんまに運営してんのか?」ってなるので、まぁ10記事以上はほしいですね。

上記はあくまで目安なので、絶対とは言えないですが、僕も教えている方も審査に通っているので、参考までに意識してみてください。

岡田
岡田
審査に落ちた場合、Googleから「ここがダメだよ」ってざっくりしたメールが来るので、基本はそこにしっかり目を通して改善していけばOKです!

1番重視すべきはコンテンツの内容

まとめ
  • アドセンスを取得することで収益化の幅が広がる
  • ポイントを押さえればアドセンスの審査通過は難しくない
  • Googleさんの視点に立った記事作成を

というわけでポイントを解説して来ましたが、1番重要なのはしっかりしたコンテンツを作ることです。

読者さん、Googleのことを考えてブログを運営していれば、自然とこの記事で書いてきたことはクリアしているはずなので。

ここはアドセンス通過後も意識して記事作成に取り組んでほしいと思います。

1度受かってしまったらアドセンスはかなりメリットも大きいので、今回のポイントを参考に、審査に臨んでみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。